2012年「振動発電」に関する市場調査(パート1)【ピンポイント調査(マルチ企画)】

~1) 「振動発電」に関する定義 2)「振動発電」プレイヤー・リスト作成 3)「振動発電」の「振動源」に関する調査 4) 「振動発電」の「適用分野」「用途」に関する調査 5) 「振動発電」の「潜在市場規模」に関する調査~

?.定義 編
1)「振動発電」に関する定義

?.調査対象リスト一覧 編
1)「振動発電」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(39社/部門) 

?.「振動発電」の「振動源」に関する市場調査 
1)「振動発電」の「振動源」に関する市場調査結果(抽出合計:949件を集計)
(1)10件以上抽出したテーマ(ランキング最上位) 、(2)3件以上10件未満 抽出したテーマ(ランキング中)、(3)2件 抽出したテーマ(ランキング中の下)、(4)1件 抽出したテーマ(ランキング下) 、(5)ランキングならびにシェア比率(%)、(6)円グラフ・シェア比率(%) 

?.「振動発電」の「適用分野」「用途」に関する市場調査 
1)「振動発電(ビジネス)」×「適用分野」「販売ターゲット」(現状)コンサルティング 
2)当該36社・団体・個人における「適用分野」別 合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP
3)適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図≪177セグメント別×分類≫【N=36社・団体・個人】 
4)「振動発電(ビジネス)」潜在市場規模推移(主要36社・団体・個人 合計)<適用分野×主要セグメント別>『ケース1』<潜在市場規模:環境省  試算値(MAX)より> 、『ケース2』<潜在市場規模:オムロン、海外の大手電機メーカー 認識値より>、『ケース3』<潜在市場規模:国内メーカー 認識値(MIN)より>
5)「振動発電(ビジネス)」×適用分野 (1)マトリックス一覧(企業・団体・個人別×適用分野別 星取表)<177セグメント>(2)マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図) (3)分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、(主要36社・団体、個人)マトリックス一覧(「振動発電」ビジネス×潜在市場規模換算売上×ランキング)≪177セグメント≫

?.「振動発電」の「潜在市場規模(日本市場)」に関する市場調査 
1)「振動発電」関連の「潜在市場規模(時期と市場規模サイズ)」(仮説)<定義、数値(潜在市場規模) 、いつ時点の数値か? 、情報発信者(団体) >(1)環境ビジネスTotal数値、(2)環境負荷低減技術及び製品の数値、(3)「振動発電」に関連する潜在市場規模 調査結果

【調査対象】

1)Web上にて「振動発電」と言及している事業者(プレイヤー)<39社・団体>などを中心にヒアリングならびに情報収集を実施
2)「振動源」「適用分野・用途」「潜在市場規模」については、Web上にて「振動発電」と言及している事業者(プレイヤー)<39社・団体>以外からも多面的にヒアリングならびに情報収集を実施

【調査方法】

・弊社専門調査員による電話取材並びにメールによる追加的な情報収集、弊社内データベースの活用により調査・分析を行った(主は電話取材であった)。

【調査&レポート期間】

・ 2011年11月15日(ヒアリング開始)~2011年12月27日まで深堀調査を実施した。その後、レポーティング(集計&分析)を実施し、2012年1月12日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。

【ピンポイント調査(マルチ企画)】とは?

1)「自主企画調査」が不特定多数を対象とした「調査レポート」(定価は10万円未満/冊)であるのに対し、「ピンポイント調査(マルチ企画)」は不特定多数を対象としているものの、特定の業界に特化した「調査レポート」(定価は100万円未満/冊 ※CD-R付き)となります。
2) 「ピンポイント調査(マルチ企画) 」を実施する背景には、不況などの影響により、お客様の方で「個別調査」に対して従来通りコスト(数百万円/テーマ)をかけられない!といったご要望にお応えするなどがあります。
3)つまり、「個別調査」を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がない「クライアント」様のご要望を満たすための「調査レポート」内容となっております。
4)基本的に、最低で5社以上からの「ご注文」または特定の企業様からの強い「ご要望」「リクエスト」があった場合に「ピンポイント調査(マルチ企画) 」を実施しております。
5)なお、「ピンポイント調査(マルチ企画) 」レポートは、個別調査、特別企画調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物(本報告書及びその記載内容を含む)の著作権などは、(株)ESP総研に帰属するものです。

【目次】

?.定義 編 P1
1)「振動発電」に関する定義 P2

?.調査対象リスト一覧 編 P3
1)「振動発電」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(39社/部門) P4

?.「振動発電」の「振動源」に関する市場調査 P13
1)「振動発電」の「振動源」に関する市場調査結果(抽出合計:949件を集計)(1)10件以上抽出したテーマ(ランキング最上位) P14
1)「振動発電」の「振動源」に関する市場調査結果(抽出合計:949件を集計)(2)3件以上10件未満 抽出したテーマ(ランキング中) P15
1)「振動発電」の「振動源」に関する市場調査結果(抽出合計:949件を集計)(3)2件 抽出したテーマ(ランキング中の下) P16
1)「振動発電」の「振動源」に関する市場調査結果(抽出合計:949件を集計)(4-1)1件 抽出したテーマ(ランキング下) P17
1)「振動発電」の「振動源」に関する市場調査結果(抽出合計:949件を集計)(4-2)1件 抽出したテーマ(ランキング下) P18
1)「振動発電」の「振動源」に関する市場調査結果(抽出合計:949件を集計)(5-1)ランキングならびにシェア比率(%) P19
1)「振動発電」の「振動源」に関する市場調査結果(抽出合計:949件を集計)(5-2)ランキングならびにシェア比率(%) P20
1)「振動発電」の「振動源」に関する市場調査結果(抽出合計:949件を集計)(5-3)ランキングならびにシェア比率(%) P21
1)「振動発電」の「振動源」に関する市場調査結果(抽出合計:949件を集計)(5-4)ランキングならびにシェア比率(%) P22
1)「振動発電」の「振動源」に関する市場調査結果(抽出合計:949件を集計)(5-5)ランキングならびにシェア比率(%) P23
1)「振動発電」の「振動源」に関する市場調査結果(抽出合計:949件を集計)(6)円グラフ・シェア比率(%) P24

?.「振動発電」の「適用分野」「用途」に関する市場調査 P25
1)「振動発電(ビジネス)」×「適用分野」「販売ターゲット」(現状)コンサルティング P26
2)当該36社・団体・個人における「適用分野」別 合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP(2011年11月~2011年12月 調査時点) P27
3)適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図≪177セグメント別×分類≫【N=36社・団体・個人】 P28
4-1)「振動発電(ビジネス)」潜在市場規模推移(主要36社・団体・個人 合計)<適用分野×主要セグメント別> (2011年11月~2011年12月 調査時点)  『ケース1』<潜在市場規模:環境省  試算値(MAX)より> P29
4-2)「振動発電(ビジネス)」潜在市場規模推移(主要36社・団体・個人 合計)<適用分野×主要セグメント別> (2011年11月~2011年12月 調査時点)  『ケース2』<潜在市場規模:オムロン、海外の大手電機メーカー  認識値より> P30
4-3)「振動発電(ビジネス)」潜在市場規模推移(主要36社・団体・個人 合計)<適用分野×主要セグメント別> (2011年11月~2011年12月 調査時点)  『ケース3』<潜在市場規模:国内メーカー   認識値(MIN)より> P31
5-1)主要36社・団体、個人における「振動発電(ビジネス)」×適用分野 マトリックス一覧(企業・団体・個人別×適用分野別 星取表)<177セグメント> P32
5-2)主要36社・団体、個人における「振動発電(ビジネス)」×適用分野 マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図) P41
5-3)主要36社・団体、個人における「振動発電(ビジネス)」×分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、(主要36社・団体、個人)マトリックス一覧(「振動発電」ビジネス×潜在市場規模換算売上×ランキング)≪177セグメント≫ P50

?.「振動発電」の「潜在市場規模(日本市場)」に関する市場調査 P59
1)「振動発電」関連の「潜在市場規模(時期と市場規模サイズ)」(仮説)<定義、数値(潜在市場規模) 、いつ時点の数値か? 、情報発信者(団体) >(1)環境ビジネスTotal数値 P60
1)「振動発電」関連の「潜在市場規模(時期と市場規模サイズ)」(仮説)<定義、数値(潜在市場規模) 、いつ時点の数値か? 、情報発信者(団体) >(2)環境負荷低減技術及び製品の数値 P61
1)「振動発電」関連の「潜在市場規模(時期と市場規模サイズ)」(仮説)<定義、数値(潜在市場規模) 、いつ時点の数値か? 、情報発信者(団体) >(3)「振動発電」に関連する潜在市場規模 調査結果 P62

【ISBNコード】

ISBN978-4-901872-69-0 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)分析・レポーティング:ESP総研
3)調査: ESP総研 

【トータル・ページ数(報告書)】

・62ページ
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問い合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2012年「振動発電」に関する市場調査(パート1)』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格500,000円+税
<※1部カラー>

2)CD-R:上記1)の価格に含まれております。<※全てカラーですが、目次タイトルリンク設定は行っていません。>
3)1)2)のセット価格:本体価格500,000円+税
※1)2)それぞれ単体での販売は行っておりません。
【発刊日】 2012年1月12日

【報告書体裁】 A4版 オンデマンド限定印刷
【ページ数】 合計62ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー

    • マーケティング戦略のための市場調査・競合調査にお悩みなら
    • 完全独自インタビュー