2011年「動線分析」ビジネスに関する市場調査 ~要約 編~

~「動線分析」ビジネス×主要プレイヤー(61社・団体)の戦略ケーススタディを中心に、市場規模推移・予測数値、市場占有率(シェア)、などを多面的に集計・分析&要約~

?.調査対象リスト一覧 編

1)調査対象プレイヤーの抽出方法:「動線分析(ビジネス)」プレイヤーは?
2)「動線分析」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(64社/部門)

?.総括 編(当該主要各社に対して深堀ヒアリングした共通項目を多面的に集計&分析)  ⇒ 総括(結論)(主要各社における「動線分析」ビジネスの現状分析とコンサルティング)
 
1) 「動線分析(ビジネス)」の定義範囲について
2) 「動線分析(ビジネス)」における「提供ビジネスモデル形態」集計について
3)当該売上額(TOTAL/ビジネスモデル別)推移(2010年度~2014年度)の換算
4)当該ビジネスモデル別 構成比率(%) 推移<2010年度~2014年度>
5)ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別 当該売上の変化・シナリオ、売上構成比率(%)の変化・シナリオ<1>当該ビジネスモデル別 売上推移 <2>当該ビジネスモデル別 売上構成比率(%) 推移<2010年度~2014年度> 
6) 「動線分析(ビジネス)」の市場占有率<シェア>(2010年度:実績)ならびに当該売上ランキング(2010年度:実績)について 
7)市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測 
8)全社売上に占める当該売上比率
9)「動線分析(ビジネス)」の競合認識、参入プレイヤー数認識
10)「動線分析(ビジネス)」シーズ別『(1)ハードウェア販売(タグ(アクティブ)、リーダー、ネットワークカメラ、ネットワークインフラなど) 、(2)ソフトウェア販売(ライセンス) 、(3)ソフトウェア開発・個別システムあるいは個別製品開発、(4)ソリューション・SI 、(5)レンタル、(6)サービス(SaaS、ASPサービスなど) 、(7)コンサルティング、プランニング、調査&レポーティング、教育など、(8)工事・その他』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2010年度 実績) 相関クロスMAP
11)「適用分野」「販売ターゲット」(現状)コンサルティング 、「適用分野」別  合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP、適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図≪90セグメント別×分類≫
12)「動線分析(ビジネス)」実態市場規模推移「2010年度(実績)」「2014年度(予測)」 <適用分野×主要セグメント別>
13)「適用分野」別比率シェア調査結果
14)「ビジネスモデル」集計&分析
15)開始時期×当該単年売上規模(2010年度 実績)の相関(XY軸)統計、当該単年売上規模(2010年度 実績)の相関(XY軸)マッピング
16)導入実績(累計数量ベース)×マトリックス、導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2010年度 実績)から言えること、導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2010年度 実績)の相関統計
17)前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×コメント・キーワード×当該単年売上規模 クロス>
18)「動線分析」ビジネス 主要ベンダ・団体×当該売上予測(2010年度~2014年度:5カ年)推移×ビジネスモデルMAP 一覧 
19)「動線分析」ベンダ×価格定義&具体的な価格指標一覧(61社・団体) 
20)主要61社・団体における「動線分析(ビジネス)」×適用分野 マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)<90セグメント> 、マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図)<90セグメント> 、分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、売上換算(主要61社・団体)マトリックス一覧(当該売上、「動線分析」ビジネス換算売上×ランキング)≪90セグメント≫ 
21)「動線分析」ビジネス×実態調査結果・マトリックス<企業・団体別×調査項目別>(61社・団体分)  

【調査対象】

1)Web上にて「動線分析」と言及している事業者(プレイヤー)<64社・団体>すべてにヒアリング・アプローチした。その結果、累計61社・団体(ヒアリング・アプローチ企業全体の95.3%)に対して深堀ヒアリングを実施した。 
2)従って、今回実施したヒアリング調査で得られた「調査結果」(要約データ)は、当該主要プレイヤー61社・団体から得られた多面的な「深堀データ」の要約であり、日本国内における「動線分析」ビジネスの現状(実態)を十分網羅・把握できるだけの「マーケティング・データ(要約サマリー)」となっている。

【調査方法】

・弊社専門調査員による電話ヒアリング、ならびに弊社内データベースの活用により調査・分析を行った(主は電話ヒアリングであった)。

【調査&レポート期間】

・ 2011年10月13日(電話ヒアリング・アプローチ開始)~2011年11月21日まで深堀調査(電話にて深堀ヒアリング)を実施した。その後、レポーティング(集計&分析)を実施し、2011年11月25日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。そして2011年11月26日に、特別企画調査として『2011年「動線分析」ビジネスに関する市場調査~深堀実態調査 編~』を発刊した。その後、数多くのリクエストにより、さらに多面的に集計&分析を実施し、『2011年「動線分析」ビジネスに関する市場調査~要約 編~』を発刊することとなった。

【はじめに】

 2011年も残りあと僅かとなった。

 「センシングツール」(各種カメラ、タグやリーダー)を活用したり、専門調査員ならびにコンサルタントが現場で「ヒト」「モノ」の「動線」を調査&分析するといった「動線分析」ビジネスの需要(ポテンシャル)は着実に拡大している。

 数年前から、「センサーネットワーク」や「RFID」、「カメラ」のキラーアプリケーションとして注目されてきた「動線分析」ビジネスであるが、ここにきて本格的に市場が立ち上がりつつあるようだ。

 「動線分析」ビジネスの提供形態(ビジネスモデル)は多岐にわたっている。(1)ハードウェア販売(タグ(アクティブ)、リーダー、ネットワークカメラ、ネットワークインフラなど)(2)ソフトウェア販売(ライセンス)(3)ソフトウェア開発・個別システムあるいは個別製品開発(4)ソリューション・SI(5)レンタル(6)サービス(SaaS、ASPサービスなど)(7)コンサルティング、プランニング、調査&レポーティング、教育など(8)工事・その他 などである。

 2011年11月26日に「特別企画調査レポート」として、『2011年「動線分析」ビジネスに関する市場調査~深堀実態調査 編~ 』を発刊したが、発刊と同時に、数多くの方々から問い合わせや個別のリクエストを頂いた。その個別リクエストとは、『2011年「動線分析」ビジネスに関する市場調査 』の「要約 編(要約サマリー版)」の発刊である。 そして、今すぐにでも潜在顧客に対する個別提案資料作成に当レポートを活用したい!といった要望(声)を、数多くの企業(業種/部門)<提供ベンダ>から頂いた。

 従ってESP総研では、「特別企画調査レポート」である、『2011年「動線分析」ビジネスに関する市場調査~深堀実態調査 編~ 』について 、改めて多面的に集計・分析を実施し、自主企画調査レポートとして「要約 編(要約 版」を発刊することとなった。
 
 この調査報告書(要約 版)が「動線分析」関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【目次】

2011年「動線分析」ビジネスに関する市場調査 ~要約 編~(T字型調査の実施:垂直深堀調査重視) P1
?.調査対象リスト一覧 編 P2
1)調査対象プレイヤーの抽出方法:「動線分析(ビジネス)」プレイヤーは? P3
2)「動線分析」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(64社/部門)  P4
?.総括 編(当該主要各社に対して深堀ヒアリングした共通項目を多面的に集計&分析) P20
・総括(結論)(主要各社における「動線分析」ビジネスの現状分析とコンサルティング)  P21
1) 「動線分析(ビジネス)」の定義範囲について(今回:2011年10月~2011年11月の調査結果から) P22
2) 「動線分析(ビジネス)」における「提供ビジネスモデル形態」集計について(今回:2011年10月~2011年11月の調査結果から) P23
3)当該主要44社・団体(個票要約分析) ×当該売上額(TOTAL)推移(2010年度~2014年度)の換算(2011年10月~2011年11月 調査時点) P24
4-1)当該主要44社・団体(個票要約分析)×ビジネスモデル別 当該売上額推移(2010年度~2014年度)の換算(2011年10月~2011年11月 調査時点) P25
4-2)当該主要44社・団体(個票要約分析)×当該ビジネスモデル別 構成比率(%) 推移<2010年度~2014年度> (2011年10月~2011年11月 調査時点) P26
5)当該主要44社・団体(個票要約分析) ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別 当該売上の変化・シナリオ(2011年10月~2011年11月 調査時点)<1>当該ビジネスモデル別 売上推移<2010年度~2014年度> P27
5)当該主要44社・団体(個票要約分析) ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別 売上構成比率(%)の変化・シナリオ(2011年10月~2011年11月 調査時点)<2>当該ビジネスモデル別 売上構成比率(%) 推移<2010年度~2014年度> P28
6) 「動線分析(ビジネス)」の市場占有率<シェア>(2010年度:実績)ならびに当該売上ランキング(2010年度:実績)について P29
7)市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測 P30
8)当該主要61社・団体(個票要約分析) 全社売上に占める当該売上比率(2011年10月~2011年11月 調査時点)(1)  P31
8)当該主要61社・団体(個票要約分析) 全社売上に占める当該売上比率(2011年10月~2011年11月 調査時点)(2)  P32
8)当該主要61社・団体(個票要約分析) 全社売上に占める当該売上比率(2011年10月~2011年11月 調査時点)(3)  P33
9)「動線分析(ビジネス)」の競合認識、参入プレイヤー数認識(基本的には国内での認識) ※数値(規模)が入っていないコメントは削除した P34
10)主要61社・団体における「動線分析(ビジネス)」シーズ別『(1)ハードウェア販売(タグ(アクティブ)、リーダー、ネットワークカメラ、ネットワークインフラなど) 、(2)ソフトウェア販売(ライセンス) 、(3)ソフトウェア開発・個別システムあるいは個別製品開発、(4)ソリューション・SI 、(5)レンタル、(6)サービス(SaaS、ASPサービスなど) 、(7)コンサルティング、プランニング、調査&レポーティング、教育など、(8)工事・その他』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2010年度 実績) 相関クロス<1>ハードウェア販売 MAP P35
10)主要61社・団体における「動線分析(ビジネス)」シーズ別『(1)ハードウェア販売(タグ(アクティブ)、リーダー、ネットワークカメラ、ネットワークインフラなど) 、(2)ソフトウェア販売(ライセンス) 、(3)ソフトウェア開発・個別システムあるいは個別製品開発、(4)ソリューション・SI 、(5)レンタル、(6)サービス(SaaS、ASPサービスなど) 、(7)コンサルティング、プランニング、調査&レポーティング、教育など、(8)工事・その他』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2010年度 実績) 相関クロス<2>ソフトウェア販売 MAP P36
10)主要61社・団体における「動線分析(ビジネス)」シーズ別『(1)ハードウェア販売(タグ(アクティブ)、リーダー、ネットワークカメラ、ネットワークインフラなど) 、(2)ソフトウェア販売(ライセンス) 、(3)ソフトウェア開発・個別システムあるいは個別製品開発、(4)ソリューション・SI 、(5)レンタル、(6)サービス(SaaS、ASPサービスなど) 、(7)コンサルティング、プランニング、調査&レポーティング、教育など、(8)工事・その他』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2010年度 実績) 相関クロス<3>ソフトウェア開発・個別システムあるいは個別製品開発 MAP P37
10)主要61社・団体における「動線分析(ビジネス)」シーズ別『(1)ハードウェア販売(タグ(アクティブ)、リーダー、ネットワークカメラ、ネットワークインフラなど) 、(2)ソフトウェア販売(ライセンス) 、(3)ソフトウェア開発・個別システムあるいは個別製品開発、(4)ソリューション・SI 、(5)レンタル、(6)サービス(SaaS、ASPサービスなど) 、(7)コンサルティング、プランニング、調査&レポーティング、教育など、(8)工事・その他』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2010年度 実績) 相関クロス<4>ソリューション・SI  MAP P38
10)主要61社・団体における「動線分析(ビジネス)」シーズ別『(1)ハードウェア販売(タグ(アクティブ)、リーダー、ネットワークカメラ、ネットワークインフラなど) 、(2)ソフトウェア販売(ライセンス) 、(3)ソフトウェア開発・個別システムあるいは個別製品開発、(4)ソリューション・SI 、(5)レンタル、(6)サービス(SaaS、ASPサービスなど) 、(7)コンサルティング、プランニング、調査&レポーティング、教育など、(8)工事・その他』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2010年度 実績) 相関クロス<5>レンタル MAP P39
10)主要61社・団体における「動線分析(ビジネス)」シーズ別『(1)ハードウェア販売(タグ(アクティブ)、リーダー、ネットワークカメラ、ネットワークインフラなど) 、(2)ソフトウェア販売(ライセンス) 、(3)ソフトウェア開発・個別システムあるいは個別製品開発、(4)ソリューション・SI 、(5)レンタル、(6)サービス(SaaS、ASPサービスなど) 、(7)コンサルティング、プランニング、調査&レポーティング、教育など、(8)工事・その他』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2010年度 実績) 相関クロス<6>サービス(SaaS、ASPサービスなど)  MAP P40
10)主要61社・団体における「動線分析(ビジネス)」シーズ別『(1)ハードウェア販売(タグ(アクティブ)、リーダー、ネットワークカメラ、ネットワークインフラなど) 、(2)ソフトウェア販売(ライセンス) 、(3)ソフトウェア開発・個別システムあるいは個別製品開発、(4)ソリューション・SI 、(5)レンタル、(6)サービス(SaaS、ASPサービスなど) 、(7)コンサルティング、プランニング、調査&レポーティング、教育など、(8)工事・その他』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2010年度 実績) 相関クロス<7>コンサルティング、プランニング、調査&レポーティング、教育など MAP P41
10)主要61社・団体における「動線分析(ビジネス)」シーズ別『(1)ハードウェア販売(タグ(アクティブ)、リーダー、ネットワークカメラ、ネットワークインフラなど) 、(2)ソフトウェア販売(ライセンス) 、(3)ソフトウェア開発・個別システムあるいは個別製品開発、(4)ソリューション・SI 、(5)レンタル、(6)サービス(SaaS、ASPサービスなど) 、(7)コンサルティング、プランニング、調査&レポーティング、教育など、(8)工事・その他』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2010年度 実績) 相関クロス<8>システム(ハード+ソフト)提供 MAP P42
11-1)「動線分析(ビジネス)」×「適用分野」「販売ターゲット」(現状)コンサルティング P43
11-2)当該61社・団体における「適用分野」別  合計点数(裏付け)検証 有望度(全体)×実績(多少)クロス MAP(2011年10月~2011年11月 調査時点) P44
11-3)適用分野、販売ターゲット<現状>×俯瞰図≪90セグメント別×分類≫【N=61】 P45
12-1)「動線分析(ビジネス)」実態市場規模推移「2010年度(実績)」(主要61社・団体 合計)<適用分野×主要セグメント別> (2011年10月~2011年11月 調査時点) P46
12-2)「動線分析(ビジネス)」実態市場規模推移「2014年度(予測)」(主要61社・団体 合計)<適用分野×主要セグメント別> (2011年10月~2011年11月 調査時点) P47
13)「個票要約(61社・団体)分析」 ×「適用分野」別比率シェア調査結果<2011年10月~2011年11月時点> P48
14)個票要約(61社・団体)「ビジネスモデル」集計&分析(1) 2011年10月~2011年11月時点 P49
14)個票要約(61社・団体)「ビジネスモデル」集計&分析(2) 2011年10月~2011年11月時点 P50
14)個票要約(61社・団体)「ビジネスモデル」集計&分析(3) 2011年10月~2011年11月時点 P51
14)個票要約(61社・団体)「ビジネスモデル」集計&分析(4) 2011年10月~2011年11月時点 P52
14)個票要約(61社・団体)「ビジネスモデル」集計&分析(5) 2011年10月~2011年11月時点 P53
14)個票要約(61社・団体)「ビジネスモデル」集計&分析(6) 2011年10月~2011年11月時点 P54
14)個票要約(61社・団体)「ビジネスモデル」集計&分析(7) 2011年10月~2011年11月時点(2010年度 実績×数量<抽出件数>ベース) P55
15-1)開始時期(2011年10月~2011年11月 調査時点)×当該単年売上規模(2010年度 実績)の相関(XY軸)統計<N=52> P56
15-2)開始時期(2011年10月~2011年11月 調査時点)×当該単年売上規模(2010年度 実績)の相関(XY軸)マッピング<N=52>(1) ※現時点で当該ビジネスを展開していない事業者などはマッピングしなかった。 P57
15-2)開始時期(2011年10月~2011年11月 調査時点)×当該単年売上規模(2010年度 実績)の相関(XY軸)マッピング<N=52>(2) ※現時点で当該ビジネスを展開していない事業者などはマッピングしなかった。 P58
16-1)導入実績(累計数量ベース)×マトリックス<N=41>(1) ※あくまで累計実績を抽出(実績 非公開、製品・ソリューション化:未 または、実績なしのプレイヤーは抽出しなかった) P59
16-1)導入実績(累計数量ベース)×マトリックス<N=41>(2) ※あくまで累計実績を抽出(実績 非公開、製品・ソリューション化:未 または、実績なしのプレイヤーは抽出しなかった) P60
16-2)導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2010年度 実績)から言えること<N=61>(1)数件レベルの実績 ※あくまで累計実績を抽出(製品化:未または、実績なしのプレイヤーは抽出しなかった) P61
16-2)導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2010年度 実績)から言えること<N=61>(2)数十件レベルの実績 ※あくまで累計実績を抽出(製品化:未または、実績なしのプレイヤーは抽出しなかった) P62
16-2)導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2010年度 実績)から言えること<N=61>(3)数百件レベルの実績 ※あくまで累計実績を抽出(製品化:未または、実績なしのプレイヤーは抽出しなかった) P63
16-2)導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2010年度 実績)から言えること<N=61>(4)数千件~数万件レベルの実績 ※あくまで累計実績を抽出(製品化:未または、実績なしのプレイヤーは抽出しなかった) P64
16-3)導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2010年度 実績)の相関統計<N=48> ※1事業者で複数回答があったため P65
17)前年比伸長率から見えてくる当該市場概況<前年比伸長率×コメント・キーワード×当該単年売上規模 クロス><N=61> P66
18)「動線分析」ビジネス 主要ベンダ・団体(今回、深堀調査実施:主要61社・団体)当該売上予測(2010年度~2014年度:5カ年)推移×ビジネスモデルMAP 一覧 P67
19)「動線分析」ベンダ×価格定義&具体的な価格指標一覧(61社・団体) P77
20-1)主要61社・団体における「動線分析(ビジネス)」×適用分野 マトリックス一覧(企業別×適用分野別 星取表)<90セグメント> P84
20-2)主要61社・団体における「動線分析(ビジネス)」×適用分野 マトリックス一覧 点数化(適用分野有望度MAP:俯瞰図)<90セグメント> P96
20-3)主要61社・団体における「動線分析(ビジネス)」×分野・対象別×全体に占める「適用分野(着眼点と実績)」比率、売上換算(主要61社・団体)マトリックス一覧(当該売上、「動線分析」ビジネス換算売上×ランキング)≪90セグメント≫ P108
21)「動線分析」ビジネス×実態調査結果・マトリックス<企業・団体別×調査項目別>(61社・団体分)  P111
奥付け

【ISBNコード】

ISBN978-4-901872-66-9 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)分析・レポーティング:ESP総研
3)調査: ESP総研 

【トータル・ページ数(報告書)】

・119ページ
<調査レポート一覧はこちら>

試読希望・お問い合わせ・お申し込みについて

【資料名】 『2011年「動線分析」ビジネスに関する市場調査 ~要約 編~』
【頒価】 1)ハードコピー(印刷タイプ):本体価格95,000円+税
<※1部カラー>

2)CD-R:本体価格95,000円+税<※全てカラー>

3)1)2)のセット価格:本体価格142,500円+税
※1)2)それぞれ単体での販売も行っております。
【発刊日】 2011年12月12日

【報告書体裁】 A4版 オンデマンド印刷
【ページ数】 合計119ページ
【担当部署】 株式会社 ESP総研 出版部
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036
【お申し込み方法】 <申込フォームはこちら>
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にてお送りいただいても結構です。お申し込み後の処理フローはこちらのページでご確認ください

レポート注文

    お問い合わせ内容

    お名前(必須)

    フリガナ(必須)

    御社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    タイトル

    本文

    カテゴリー

    • マーケティング戦略のための市場調査・競合調査にお悩みなら
    • 完全独自インタビュー