市場調査とは
What is market research?

  • 市場調査とは商品開発や販売、マーケティングなどを行うにあたって戦略を立案するための材料となる情報やデータを収集する調査のことを指します。市場調査を実施して市場の動向や消費者のニーズを把握・分析することで、はじめて売れる商品が開発できる、的確な販売やマーケティング戦略が立てられるようになります。

  • 市場のトレンド、消費者のニーズ、マーケットシェア、自社商品・ブランドの認知度、顧客満足度、競合他社の商品・ブランドの認知度や顧客満足度、売上など、幅広い情報やデータを収集することが可能です。

  • 市場調査のメリットとしてはまず顧客のニーズを把握できることが挙げられます。顧客の悩みや求めているものを知ることで、それを商品の開発や販売戦略の選定に役立てることができます。市場全体の動向や競合の状況を把握することで、他社との差別化を図れます。また、これらの情報を得ることで今後の経営方針や事業展開の方向性など、ビジネスの舵取りも適切にできるようになります。

  • 市場調査を行うためには多くのリソースが必要となり、人件費や交通費などの経費もかかります。期待したデータや情報が得られるとは限らず、費用対効果が合わないケースも少なくありません。また、調査の手法や設問によっては実態とかけ離れた調査結果が出る場合もあります。特に市場調査に慣れていない方が調査を行うと、このような問題が発生する確率が高まります。

  • 新商品やサービスの開発、販売やマーケティング戦略を立案する際、経営戦略の策定や改善、新規事業の立ち上げ、起業など、ありとあらゆる場面で必要となってきます。特に新しいマーケット、分野に進出する際にはまず市場調査を行って業界や競合、消費者の動向を把握することが必要不可欠となります。

  • 消費者に対するアンケート調査、インタビュー調査、電話調査、ネットリサーチ、ホームユーステスト(実際に消費者に商品・サービスを使ってもらって感想をヒアリングする)、ショップアロング調査(買い物中の行動を観察して購買行動を分析する)、競合に対する覆面調査など、幅広い手法があります。

  • 市場調査では手法を間違えてしまうとなかなか目的とする情報を得ることが難しくなってしまいます。まずは各調査手法の内容を把握した上で、どのような情報を収集したいのかという調査の目的を明らかにすることが大切です。

  • 市場調査は数値やデータに基づいて市場の現状を分析します。一方、マーケティングリサーチは数値やデータからその市場の今後の動向を予測します。市場調査は現在、マーケティングリサーチは未来を見据えた調査といえます。

  • 市場調査は自社で行うことも可能です。ただし、市場調査には非常に手間がかかり、人件費や交通費などの経費も必要です。また、特に慣れていない方が調査を行うと情報やデータの量や精度が十分ではなく、期待した費用対効果が得られない場合もあります。

  • あります。目的に合わせた調査手法を採用しないと期待した情報やデータはなかなか得られません。また、調査手法が適切なものであったとしても、たとえばアンケートの設問やインタビューの聞き方ひとつでも調査結果は変わってくるものです。特に市場調査の経験が少ない場合は、外部のプロに依頼するかアドバイスを受けるのも手です。

  • まずは目標を明確にしましょう。何のために調査を行うのか?どのような情報やデータがほしいのか?によって適切な調査手法や対象などが決まってきます。また、ただ漠然と調査を進めれば、得られる情報やデータも漠然としたものになってしまいます。仮説やスケジュールを明らかにして調査を進めましょう。弊社でもクライアント様からご相談を頂いた際には、調査目的やスケジュールをお聞きしています。